×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


                                   トップ 特集3 パソコントラブル&便利わざ メール メール送信のコツ


電子メールメッセージを送信するコツ
Outlook Express 6
判らない時に、いくらマニュアルを読んでも理解できないのが常。
だったらとりあえずやってみる。 そうすると何がわからないかがわかってくる。
そんなヘルプとかマニュアルを読むのが面倒な人向けに。
@メール メッセージを作成する。
   ツールバーの「メールの作成」ボタン クリック。
    「メッセージの作成」の赤枠内にメッセージの本文を入力する。
Aメールの受信相手のアドレスを入力する。
   「宛先」ボタン右の枠に一人のメッセージの受信者の名前を入力する。
   複数の名前を指定する場合は、半角のコンマ (,) またはセミコロン (;) で区切る。
   アドレス帳から指定するには「宛先」ボタン クリック。  
   名前を選ぶ。 複数は上と同様に。
B「件名」 ボックスにメッセージの件名を入力する。
Cツール バーの [送信] ボタンをクリックする。
[OE6]宛先の[CC]および[BCC]ボックスの使い方について
@[宛先] ボックスには、
メッセージの本来の送り先を指定する。
A [CC] ボックスには
[宛先] ボックスで指定した送り先 つまり直接の送り先とは別の宛先にメッセージのコピーを
送るとき、この [CC] ボックスを使用する。
メッセージのコピーなので、[CC] ボックスに指定した相手へは「ご参考までに送ります。」
という意味でメッセージを送ることになる。
また、CC としてメッセージを 受信した方も、そのメッセージは単なる情報として受け取り、
原則として返信する必要はない。
複数の名前を指定する場合は、半角のコンマ (,) またはセミコロン (;) で区切る。
B[BCC] ボックスには
BCC" はブラインド カーボン コピー (Blind Carbon Copy) の略で、[CC] ボックスと同様に、
本来の送り先以外にメッセージのコピーを送るときに使用する。
[CC] ボックスとの違いは、「ブラインド」とあるように、名前が見えないということである。
[宛先] もしくは [CC] ボックスに指定された送り先はメッセージ ヘッダーに記述されるため、
誰にそのメッセージが送信されたかわかるが、
[BCC] ボックスで指定された送り先は受信したメッセージに現れないので、メッセージの送信者と
[BCC] に指定された受信者本人しかそのメールが送られていることを知ることはできない。
[BCC] ボックスでも、半角のカンマ (,) または半角のセミコロン (;) で区切ることにより複数
の送り先を指定できる。
しかし、[BCC] ボックスに指定された人も、他の誰に [BCC] としてメッセージが送信された
かはわからない。
メッセージの送り先指定例
メッセージ送信時に以下のように送り先を指定したとする。
[宛先] A さん
[CC] B さん
[BCC] C さん, D さん
[件名] メッセージ例
A さんは、このメッセージは自分宛で、B さんにも知っておいて欲しい
情報だということがわかる。
しかし、このメッセージが C さんと D さんにも送られていることはわからない。
そのメッセージは、各受信者のところのメールでは、以下のように表示される。
[宛先] A さん
[CC] B さん
[件名] メッセージ例
B さんは、このメッセージは A さん宛で、自分にも知っておいて欲しい情報だとい
ことがわかる。
しかし、このメッセージが C さんと D さんにも送られていることはわからない。
C さんは、このメッセージが A さん宛で B さんにも知っておいて欲しい情報だという
ことがわかる。
また、[宛先] にも [CC] にも自分の名前が無いのに、自分にこのメッセージが届い
ているので[BCC] として指定されたということがわかる。
しかし、このメッセージが同時に D さんにも送られていることはわからない。
D さんも、C さんと同様に、自分は [BCC] として指定されたことがわかるが、
同時に C さんにも送られているということはわからない。

 * この項はMicrosoft Outlook Expressの Helpを参考に作成


戻る    Top