×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップ 諸事入門 二十四節気


二十四節気

諸事入門
季節の節目を言い表す「二十四節気」 神事
二十四節気(にじゅうしせっき)は、月の前半を節、後半を中と約15日ごとに分け、 仏事
季節の節目を言い表す風情あることばです。 二十四節気
季節の節目を言い表す、風情あることばです。各日は毎年若干違ってくるようです 旧暦の季節/月の異称
立春の前日が節分ですが、ふしのわかれめから、1年の終わり、大晦日に当たります。 部首
1年の厄(やく)を払うため豆まきをし、翌、正月にあたる立春を迎えるのです ことばの意味
農耕社会では季節を決め、季節を予測するために、利用されているようです。 平家物語の冒頭
生活実感としては、やや季節の先取りの感がしないでもないと思われます。 三の日本の文化
立春から数えて210日目の9月1日を二百十日、また220日目の9月11日を二百二十日 七草
といい、古くから農耕社会では「台風の厄日」として、恐れられています。 枕草子の冒頭
Topへ


立春 りっしゅん 2月4日 立夏 りっか 5月5日 立秋 りっしゅう 8月7日 立冬 りっとう 11月7日
春の気配を感じる節分の翌日 陽がまぶしくなり夏の気配が感じられる 秋の気配が感じられる 冬の気配が感じられ、寒くなる
雨水 うすい 2月8日 小満 しょうまん 5月21日 処暑 しょしょ 8月23日 小雪 しょうせつ 11月22日
雪が雨に変わる 実が満ちあふれ、草木が繁る 暑さがおさまり昼間が短くなる 寒くなって雨が雪となって降る
啓蟄 けいちつ 3月5日 芒種 ぼうしゅ 6月5日 白露 はくろ 9月7日 大雪 たいせつ 12月7日
冬眠中の虫が穴から這い出る 稲など穀類を植える(田植え) 草花に白露が宿る いよいよ雪が降り積もる
春分 しゅんぶん 3月20日 夏至 げし 6月21日 秋分 しゅうぶん 9月23日 冬至 とうじ 12月22日
春も半ば・昼夜の長さが同じになる 夏の頂点で昼が一番長くなる 昼夜が等しくなる 太陽の南中高度が最も低く、昼が一番短い
清明 せいめい 4月5日 小暑 しょうしよ 7月7日 寒露 かんろ 10月8日 小寒 しょうかん 1月5日
すべてのものが生き生きして花が咲く 梅雨が明け、蝉が鳴き始める 秋も深まり露が冷気で凍る 寒の入りで寒気が増して来る
穀雨 こくう 4月20日 大暑 たいしょ 7月23日 霜降 そうこう 10月23日 大寒 だいかん 1月20日
百穀を潤す春雨が降る 暑気が最大になるころ 露が霜となって降り始める 寒気が最も極まる